【紫陽花が見頃です】

山長商店がある紀南地方では、
現在「紫陽花」が見頃を迎えています!

この時期、私たちがよく目にするのは
「西洋アジサイ」と言う品種です。

日本の山に自生していた紫陽花が、
西洋に渡って品種改良されて
大正時代頃から逆輸入された品種です。

梅雨時期はジメジメと雨が降っているため
私たちは元気を無くしがちですが、
綺麗に咲く紫陽花を見ると心が洗われます。

英名は「Hydrangea」
「Hydro」は「水」を意味し、
「angea」は「小さな器」を意味します。

水分を多く必要とする植物であることが
名前の由来と言われ、
多くの水分を取り込んだ、
紀南地方の山々にも
日本の固有種が自生しています。

紫陽花と私たちが扱う「杉」や「檜」は、
紀南地方の「山」と「雨(水分)」が
深く関わっています。

写真は、南紀ジオパークにも指定されている
「救馬渓観音」で撮影したものです。

雨の日でも嬉しくなるお散歩コースです。

お近くにお越しの際は
ぜひ、お立ち寄りください\(^o^)/

山長商店webサイト
https://yamacho-net.co.jp/

救馬渓観音
あじさい曼荼羅Facebook
https://www.facebook.com/ajisaimandara/?ref=aymt_homepage_panel

南紀熊野ジオパーク
https://nankikumanogeo.jp/geosite/kamitonda/

#ウッドアクション #無垢材 #国産材 #紀州材 #山長50年 #山長60年 #厳選紀州山長の森 #林産地と都市を結ぶ #グループ一貫生産体制
#救馬渓観音 #あじさい曼荼羅園 #南紀熊野ジオパーク

Add Comment