🍊買うモノではなく、いただくモノ🍊

私たち、山長商店のある場所は和歌山県田辺市。

和歌山と言えば、紀州みかん。 
ただ今出荷のピークの時期で、ご近所から沢山ミカンをいただきます。

「ミカンいっぱいもらったから、お裾分けね」という会話は、
和歌山の各家庭では、よく見る光景です。
もちろん市場に出すような品のいいミカンではありませんが、少々傷モノのミカンなどは、大きなカゴでどっさりもらうこともあり、
自宅用に蜜柑を購入することは稀です。
現在、会社の裏口でも「ご自由に」と置いてあります。

この、紀州みかんを有名にしてくれたのが
現在の和歌山県有田郡生まれと推定される、紀伊國屋文左衛門です。
江戸中期、紀州から運搬した蜜柑で富を得たとされる伝説で有名な方です。
その後、蜜柑で得た財を基に材木屋としても頭角を現します。

資源は、買うモノ(消費)ではなく
先人からいただき、次世代へ引き継ぐものなんだなと…
江戸中期に思いをはせながら
職場中、甘酸っぱい香りを漂わせている今日このごろです。

山長商店の歴史・環境に対する姿勢はwebサイトにて

山長商店の環境に対する姿勢
http://yamacho-net.co.jp/greening.html

山長商店の歴史
http://yamacho-net.co.jp/history.html

#紀州みかん #紀国屋文左衛門 #一次産業 #紀州木材 #林業 #自然素材 #無垢材 #国産木材 #山商店経営理念