イベント

event

不快な気流感を感じない。圧倒的な快適さ+省エネ性能で話題の「全館空調」導入勉強会

勉強会

アフターコロナ、脱炭素社会に必須の提案で差をつけたい工務店経営者へ

脱炭素の流れから、住宅の断熱性能アップが叫ばれる中でいよいよ注目度が高まってきている「全館空調」。これまでは、限られた施主様に限られた工務店が提案するだけのものでしたが、今後はより一般的に広まっていきます。住まい心地と省エネを両立させる提案で、競合他社と差をつけましょう!

見どころ①時代は「住まい心地」重視へ。一段上の上質な快適さ。

全館空調の良さは、その圧倒的な快適さです。場所による温度差がなく、気流も感じないため室内にいるときには「エアコンが効いている」という感覚すら抱かないほどです。
さらに、全熱交換換気や、飛散ウイルス除去にも効果的な空気清浄システムを備えているエアコンであれば、常に家の中を新鮮な空気に保つことが可能です。

コロナ禍を経て、自宅での過ごしやすさやが重視されている今、住まい心地を上げる提案が求められています。

見どころ② 設置するだけではNG。全館空調を効果的に活用するには

省エネとセットで語られることも多い全館空調ですが、ただ設置するだけでは省エネにならないどころか、むしろエネルギー効率が悪くなってしまうこともあります。
全館空調を設置するためには、断熱性能を一定のレベルまで上げることが欠かせません。逆に言えば、今後、断熱性能が高い住宅が増えていく、ということは、全館空調が威力を発揮できる住宅が増えていくということです。

様々な事例も参考にしながら、長期的な視野で効果を発揮する全館空調の導入方法について具体的にご紹介します。

見どころ③ 全館空調専用エアコンだから、施工もしやすい!

これまでの全館空調は、市販の壁掛けエアコンを職人の技術で埋め込んでいたケースも少なくありません。ただしこの場合、基礎の作り方や風の通り道など入念に設計しなければならず、一朝一夕でできるものではありません。中途半端な施工では、かえって空調の効きが悪くなってしまうこともありました。

モックで推奨している「パッシブエアコン」は、全館空調専用のエアコンです。ダクトの設計はメーカー側で対応するため、指示書通りに施工していただくことで、これまで全館空調を扱ったことのない工務店でも導入することができます。

講師紹介

齋藤 洋高(さいとう ひろたか)
増木工業株式会社
取締役 住宅事業執行役員

1976年生まれ。
1998年増木工業株式会社入社
当初在籍していた設計部門のグループ会社化(分社化)を経て2006年増木工業住宅部門の責任者として招聘され現在に至る。
2006年より全棟(住宅)許容応力度計算による耐震等級3を性能表示(設計・建設)と共に標準仕様とする。
2016年からはドミノ住宅を標準仕様として断熱気密の向上、パッシブエアコンの標準採用に取組む。

農ある暮らし・実りある暮らしを掲げ室外機1台にすることで生じるスペースの緑化を推進している。2021年には以前より検討していた木造大型パネルにチャレンジすると同時に断熱性能もHEAT20G2標準化に取組み2022年には木造大型パネルによるHEAT20G3適用の住宅建築が予定されている。

榎本哲也

榎本哲也
モック株式会社 代表取締役社長
1962年和歌山県田辺市出身。
1986年、大学を卒業後、木造ハウスメーカーに営業職として入社。
1994年、モック株式会社に勤務。
2016年、代表取締役に就任。

晴れた日の自転車通勤と休日のRUNが気分転換。 紀州・山長商店のグループ会社。グループで林業から製材・プレカット・販売までを一貫生産体制で行っている。今後は、紀州材の大型木造パネルを活用して山から工務店、住まい手までのサプライチェーンを構築しSDGsとしての持続可能性を実現することで健康で快適で安全な家づくりと工務店支援を進めていく。

イベント来場予約

下記の情報に御記入の上、【送信】ボタンをクリックしてください。折り返し弊社より御連絡させていただきます。
※ 半角カナは使用しないでください。
【必須】は入力必須項目です。

参加希望イベント名
不快な気流感を感じない。圧倒的な快適さ+省エネ性能で話題の「全館空調」導入勉強会
日程を選択
会社名
役 職
氏 名
ご住所
都道府県
市区町村番地
建物など
お電話
メールアドレス
本セミナーを知ったきっかけ
お問い合わせ内容

個人情報の取り扱いについて

ご送付いただいた個人情報は厳正かつ安全に保管・管理し、お取引上のご連絡、または当社サービスのご案内・ご提案以外の目的には一切使用いたしません。 個人情報の管理者、開示等の要求に関する事項、その他個人情報に関する取り扱いについては、当社プライバシーポリシーをご参照ください。