イベント

event

売上高、前年対比130%増!?工事現場を変える、木造大型パネル導入オンライン勉強会

大工負担を減らし 工期の短縮と現場の効率化を実現したい工務店経営者様へ

「工事の現場を根本的に見直さなくてはいけない」- 脱炭素をはじめとした持続可能性の追求、ウッドショックという木材供給の異変、さらには大工の減少。現在住宅工事の現場は、三重苦ともいえる大きな変化の波にさらされています。
そんな中注目されているのが“木造大型パネル”です。 この勉強会では、これからの時代に合致した工事現場を確立するための一つの手段として、木造大型パネルの重要性や効率性、活用法をご紹介します。

見どころ① これからの工事現場を支える木造大型パネルとは

大工が減少していく一方で、持続可能性を目指した省エネ基準の向上など、住宅の性能へ求められるレベルは年々高まっています。住宅が高性能になるにつれて資材の重量化も進み、現場の大工さん達にとっても大きな負担となり、またそれが若い職人の入職を阻む一因にもつながっています。
木造大型パネルを採用することで、そのような現場の悩みを解消できるかもしれません。木造大型パネルは、職人の負担軽減、工期短縮が可能になり、トータルではコストメリットも感じていただけます。

見どころ② 大工の労働環境改善にもつながった、木造大型パネルの導入事例とは

株式会社サトウ工務店がある新潟県は、雪が降りやすいという特性上、気密性など高いレベルの住宅性能が求められる地域です。そんな中「ウッドステーション」が手掛ける木造大型パネル工法のユーザー会・会長でもある佐藤氏は、自社で手がける全ての住宅で木造大型パネルを採用し効率化をはかりました。工事の効率化が成功したことで、販売総数は前年比130%に成長。さらに木造大型パネルの採用により、大工の待遇改善や労働環境改善などの働き方改革も行っています。今回の勉強会では、木造大型パネルの採用に至った背景や、導入のポイントを実体験でお話しいただきます。

株式会社サトウ工務店
代表取締役・一級建築士
佐藤 高志
1968年、三条市に生まれる。
県内の建築事務所に勤務後、家業である工務店に入社。
設計から現場管理まで一貫して担当。
2010年、株式会社サトウ工務店代表に就任。

佐藤 高志

見どころ③ 不測の事態にも対応できる新たなサプライチェーンを構築するには

ウッドショックのように、需給バランスが崩れた際に対応できる体制を前もって作っておくことは非常に重要です。これからの持続可能な木材の供給を考えると、輸入材に依存するのではなく日本国内に潜在的にある潤沢な木材資源を、今まで以上によりよく活用していく方法を考える必要があります。

木造大型パネルの活用は、「品質の良い木材が適正価格で、タイミングに合わせて供給される」「設計工程の前倒しにより、工事現場の生産性向上や労働条件向上につながる」など工務店へのメリットが多くあります。不測の事態にも対応できる複数の選択肢をこの機会に検討してみませんか?

現場の様子
佐藤 高志

佐藤 高志
1968年、三条市に生まれる。 県内の建築事務所に勤務後、家業である工務店に入社。 2010年、株式会社サトウ工務店代表に就任。 ウッドステーションのユーザー会の会長。自社で手がける全ての住宅で大型木造パネルを採用し効率化をはかり、年6棟だった棟数を8棟に増やすことに成功した。木造大型パネルにより、大工の待遇改善や労働環境改善などの働き方改革を行っている。

榎本哲也

榎本哲也
モック株式会社 代表取締役社長
1962年 和歌山県田辺市出身。 1986年、大学を卒業後、木造ハウスメーカーに営業職として入社。 1994年、モック株式会社に勤務。 2016年、代表取締役に就任。 晴れた日の自転車通勤と休日のRUNが気分転換。 紀州・山長商店のグループ会社。グループで林業から製材・プレカット・販売までを一貫生産体制で行っている。今後は、紀州材の大型木造パネルを活用して山から工務店、住まい手までのサプライチェーンを構築しSDGsとしての持続可能性を実現することで健康で快適で安全な家づくりと工務店支援を進めていく。

イベント来場予約

下記の情報に御記入の上、【送信】ボタンをクリックしてください。折り返し弊社より御連絡させていただきます。
※ 半角カナは使用しないでください。
【必須】は入力必須項目です。

参加希望イベント名
売上高、前年対比130%増!?工事現場を変える、木造大型パネル導入オンライン勉強会
日程を選択
会社名
役 職
氏 名
ご住所
都道府県
市区町村番地
建物など
お電話
メールアドレス
本セミナーを知ったきっかけ
お問い合わせ内容

個人情報の取り扱いについて

ご送付いただいた個人情報は厳正かつ安全に保管・管理し、お取引上のご連絡、または当社サービスのご案内・ご提案以外の目的には一切使用いたしません。 個人情報の管理者、開示等の要求に関する事項、その他個人情報に関する取り扱いについては、当社プライバシーポリシーをご参照ください。