イベント

event

木の話-第4録-

ブログ

第4録「植林方法と用途の関係」

今回は植林の方法や産地での違いについて少しお話させていただきます。

紀州山長の山では適度な年輪幅の目込み材をつくるべく50年から80年かけて木を育てます。

そしてそのために1㌶あたりの植栽本数は、通常5,000本から6,000本位で、間隔でいうと上下1.5m、横1.2m位に密植します。

奈良県の吉野地方などでは8,000本以上も植えますが、それに対して2500本から3000本くらいしか植えない産地もあります。

なぜ産地によってこのような違いがあるのでしょうか?

それはその木材産地の慣習や、産業による需要に答える木材生産をしてきた歴史があることが大きいようです。

例えば吉野では酒樽などの材料を作るために山づくりをしてきた歴史がありますし、九州の飫肥(おび)地方では30年から40年くらいで早く太らせて船舶用材を生産していました。また三重県の尾鷲地方は家屋建築に用いられる柱用材の生産地として有名です。そして我が紀州は吉野・尾鷲に隣接した立地によりその影響を受け、強度特性に優れた柱用材としての目込み材を生産する林業地として知られているのです。

このように用途によって植林間隔に違いがあり、産地によって木材生産方法も異なります。

紀州材が高強度な木材として多く生産されるのはこのような背景があるからなのです。

 

ー第5録へ続くー